ニュースレター9月号より

涼しい季節になってきました。暑さ寒さも彼岸までといいますね。

この季節になるとあちこちで彼岸花が咲き始めます。

燃えるような真っ赤な一面に咲く花々、ぞくっとするような美しさも感じられます。

別名、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。サンスクリット語で天界に咲く花という意味で、

おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。

また、彼岸花は田んぼの畦道や土手でよく見られますが、それには理由があるそうです。

モグラやノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐためであり、

彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に植えてあぜの作りを強くするためとのこと。

日本ではあまり縁起がよい印象はありませんが、最近は白や黄色など赤以外の色の花も見られることが多くなり

マイナスイメージが薄れてきているのでしょうか。

群生地など観光名所も多々ありますし、外国の方にも人気があるそうです。

彼岸花は調べてみると複数の英語名がありました。

・cluster-amaryllis(クラスター・アマリリス)

・red spider lily(レッド・スパイダー・リリー)

・hurricane lily(ハリケーン・リリー)

どれもおもしろい名前ですよね。

 

 

福岡の高級物件ならシーサイドリアルエステートへ

福岡?東京の住み替えもお任せください

公式facebookページはこちら

 

?物件紹介?

【賃貸物件】アイタワー

【売買物件】デュオ柏原(オーナーチェンジ物件)

【売買物件】雷山の森別荘 糸島市川原

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典