ポッキー・プリッツの日

本日11月11日は「ポッキー・プリッツの日」として有名ですが皆さんご存知でしょうか。

おそらくほとんどの方が知っていると思いますが、

私が子供のころはあまり浸透していなかったような気がします。

しかし学生の頃は毎年11月11日になると多くの人がポッキーやプリッツを買っていたような記憶があります。

最近ではテレビCMや店頭に特設コーナーが作られるなど、

全国的に認知されてきているのがわかります。

少し調べてみると、毎年11月11日の2種類のお菓子の売り上げは通常の日の約3倍にもなるとのこと。

ここまで効果が出ているとなると記念日を全面的に打ち出さない理由がありませんよね。

 

こういった記念日を作り売り上げを伸ばすことを「記念日マーケティング」呼ばれるようですが、

やはり人の中にある「記念日を大切にする」という心理が販売戦略に繋がっているのでしょうか。

特に今日の記念日のような数字と商品の形が同じということで視覚的にも記憶に残りやすいですね。

私も人を楽しませるというところから新しい発想が出来たらと思います。

記念日に乗っかって今日は久しぶりに買ってみようかと思ったりしますよね…

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロバイダ利用料の割引特典